鉄道模型机上の空論

アクセスカウンタ

zoom RSS Nゲージパワートラック2

<<   作成日時 : 2008/09/13 01:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 先週の実験に調子付き、お手軽パワートラックを試作してみました。センターピンのぽっちまで入れると高さ13ミリになりますが、砂利を積んだデトなんかには収まる寸法です。こんなに小さなモーターですがスローも利いて静かに走ります。スタートの感じも集電次第ですが、Bトレの動力よりいい感じに走り出すこともありちょっとびっくり!

画像


画像


 先週も書いたように3V規格のモーターを使っているので、配線は二個直列にしたうえで、直列時に生じる問題回避のためにモーター軸を直結です。そもそも製作の発端が、軸を直結するならウォームの両側にモーター刺して繋いじゃえば?というところからきています。コレをKATOの動力台車に仕込めば、というわけでパーツを当たってみると、低速ギア欲しさに買ったスーパーレールカーゴのASSYパーツがピタリ!電車用ならもっと低く抑えられますが、あとちょっとでギアとモーターとのクリアランスが取れずにアウト。しかしこいつの走りをみるともっと細いモーター(3.2ミリのものが売られています)も実用になるんじゃないかと期待できます。電車用の台車に仕込むのも夢じゃない!?

画像


 ごらんのとおり主な材料は、秋葉原で買った直径4.2×8ミリほどの超小型モーターと、低速ギア仕様(減速比20:1)になっているスーパーレールカーゴの動力台車。そしてモーターとウォームの軸径を合わせるパイプ(エコーの1.0×0.7)です。
 ウォームにはまっている軸を抜き、パイプ、軸受けメタル、モーターをはめて組み立て配線すれば出来上がり。ギアのかみ合わせも組み立てるだけでピタリと決まるのはさすがKATO製!

 私のはパイプがややゆるめだったので内部にゴムボンドを塗ってからモーターを押し込みました。そのままだと回転力でモーターがブルブルするので両面テープを二重に折って隙間につめこんでます。また集電板の先はハンダメッキした上で0.5位の穴を開けておくと配線が楽。

 以上、参考にして作る時は自己責任でおねがいしますョ。台車の分解や組み立ては、パーツの合いが硬く、ついつい無理な力をかけがちになりますので気をつけたほうが良いです。

 耐圧は6Vかけて走らせるとすごいスピードになりますんで普通の走らせ方ならモーターを焼き切るようなことにはならないと思います。だいたいパワトラ使おうなんて小型の車種なら、スローでまったり、というのが基本でしょう。・・・そうなると問題になってくるのはやはり電圧より集電です。二軸集電はポイントが鬼門ですね。今回のパワトラも単体のスローだとポイント通過出来ません。
 こいつをニチユ10tにしようか、いや上田交通のB凸かと上回りの妄想をはじめるも、似合いの引込み線での運転で、スローでポイントを渡らないんじゃ魅力も半減。ああ、この集電のつらい小型車になればなる程スローでまったりな性能が望まれるジレンマたるや!!!

「・・・そんな悩みは後回し!とにかく手を動かし形にするのだ!」
 という力強い考え方には至らないのが私の良いところ?モノが完成するよりウジウジ悩んだりチマチマ実験するのが好きというのはどういうことでしょう?じつは集電対策にフライホイールやコンタクトシュー等あれこれ実験した下回りがいくつかあるのです。だけど自作品の悲しさ。精度の悪さやメンテナンス不備などによる支障のでたものばかりでやや停滞気味・・・下の写真でフラホのついているのが今一番調子のいい二軸動力です。そこそこのスローでポイントを渡りますが貨車移送機になる実力はまだまだ・・・コンタクトシューが効果的なのはわかってますが、具体的な設計の時点で引っかかってダラけたまま・・・

画像


 仕方なく絵を描いて今回はおしまい。集電を考えれば、構内運転程度の車両なら、ボタン電池を積んで赤外線コントロールにするのが良い!・・・ってわけでQトレインをはじめ赤外線リモコンの玩具には目をつけてはいます。しかしなんとかNゲージの小型車両に入りそうなサイズのものはどれもスピードコントロールが効きません。一方でインドアエアプレーンの世界では、ニチユのボンネットに入るような非常に小さな基盤が売られていますが逆回転のコントロールが出来ない。飛行機だからバックは無しってわけか・・・でも電子工作に詳しいひとなら一寸直せば使える基盤作れるはずと思って妄想したのがコレ。集電不良からは完全に開放される!!

画像


 ネット上で電池式の小型車両で快調な運転を目論む方々をお見かけしますね。研究が進んだ暁にはノウハウ教えてもらってこんなものを作れるといいな〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Nゲージパワートラック2 鉄道模型机上の空論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる