テーマ:分解

TOMIXC11分解と調整

 出たっ!・・・どうもこんにちは。C11と共に久方ぶりに出てきました。長いこと休んですみません。ご無沙汰のお詫びもそこそこに失礼いたしまして早速本題に入ります。  TOMIXのC11ですが、私が買ったものも音がうるさい、集電が悪い、走行時に車体を揺らすなどの巷の評判どおりでした。 店員さんが試走させて「調子が悪いようです…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

KATO C12 分解とカプラー

 やはり出ましたC12。C56が出た時点でいずれこいつも、と誰もが思ったC12。手にした第一印象は、小さなレイアウトを作りたくなる、良く走る小さな機関車、とのキャッチフレーズ通りです。走行性能はC56同様のなめらかさ、急カーブ(メーカーの公称でR150通過)もこなします。 今回の新機軸である先輪、従輪双方からの集電も効果を上げ、…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

KATO(HO)はやぶさ動力台車分解

 すっかり分解野郎ですが、今回は小ネタですよ。  油断しているうちにKATOのはやぶさ(HO)の発売からはや半年。この製品は台車周りの取り付け寸法が共通化されており、容易にトレーラーの台車を動力付きに交換できる設計だそうです。Assyパーツとして動力付き、無しの両台車を出しています。使われているモーターはNゲージの蒸機と共…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

KATO C57 4次形 分解

 着実に車種を増やしているKATOのNゲージ蒸機、今回はC57です。こうしてみると、なかなかかっこ良いではないですか。私は古風なスポーク動輪が好みなので、実のところスルーしようかとさえ思っていたのです。しかし皆様ご存知のwebサイト「Nゲージ蒸気機関車」で発表された動力部の写真、これまでより滑らかな走行性との評を拝見し、やは…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

KATO電動ターンテーブル分解

 よし出た。発表から長かったですがよしです。車両の進歩も喜ばしいことなのですが、やっぱりこういう製品が出ると元気が出ます。運転の楽しみが増え、鉄道の風景に魅力のある動きが加わります。ここ数年で増えてきた高性能蒸機達に、スローの実力を発揮してもらう舞台としても欠かせないアイテムです。  量産品として確実な動作が必要なため、ギ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

C56の動輪交換と2条ウォームのこと

 先日ホビーセンターKATOに行って来ました。西武線の新井薬師から歩いていきました。この街は若い頃アルバイトで通っていたのでなじみがあります。30年近く前とあまり替わっていません。いまだに細い道をバスが走りにくそうにしています。  ホビーセンターでのお話では、新しい蒸機はどれも売れ行きが良いとのこと。この調子でどんどん蒸機の新製品…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

KATONゲージC56分解

 出た。出ましたよ。なんだかしみじみうれしいです。ここ数年の高性能蒸機の発売はもちろんうれしいことなのですが、大型機ばかりとなるとうちではちょっと荷が重い。この位の小さな機関車が欲しかったのです。  スロー走行の実力がD51、C62と変わらずで、机上の小さなエンドレスで遊べるのがとても楽しいです。牽引力に関してはうちではあまり…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

KATOの9600、TOMIXC57に新型モーターを移植

 KATOの9600は当たり外れが大きいとの評価をよく目にします。アリイの9600が良く出来たものだったこともあり、ちょっと影が薄い印象です。私の買った9600も、最初はやはりラビットスタート、集電の悪さ、走行音の高さを感じました。このあたり、一般にはテンダーの集電能力を改善してやればかなり調子が良くなるはずです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

C62 2新動力分解をちょっと

 高松の実家からお送りします。持ってきたパソコンに入っている写真でちょこっと記事を。  KATOの新動力のC62、動力部の興味もあって1台購入しました。今まで大型機はうちではあまり走らせることもないので購入を控えて(いや単にお金がないだけ?)いたのですが、こうしてC57、D51と低速の効く高性能な新製品が出てくると、お座敷に長編成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高性能蒸機の動輪をスポーク輪芯に

 この度の震災で被災された方々にお見舞い申し上げます。  久方ぶりの更新です。放置の言い訳等せずに、早速記事にかかりましょう。TOMIXC57、KATOD51の動輪を、スポーク輪芯にしてみました。どちらもアリイの輪芯を利用したので、ちょっともったいないかもしれません。しかしアリイの輪芯は接着、塗装可能です。少しケバ立ちます…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

KATOリニューアルD51分解

 KATOのD51がやって来ました。ネット上の動画で、早くから新規開発のモーターを使った動力の威力が発表されていましたので、非常に期待していました。実物を見ても、低速走行の滑らかさは抜群です。外観の精密さに負けない「動きの精密さ」を持つ量産模型。コレが1万円程度とは!  軽く試走して様子を見た後、早速分解してやりましょう。うししし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

KATOポートラム分解

 「KATOのポートラムをアレコレ妄想する」で、中身をアレコレ妄想したKATOのポートラムですが、数日前、ついにうちにやってきました。やってきた暁にはああもしよう、こうもしようと待ち焦がれた待望のKATOポートラムです。  というワケで、今回はグラビア中心に刺激的な分解写真をお届けいたします。オヤジ目線で下半身を重点的に攻…
トラックバック:0
コメント:25

続きを読むread more

TOMIXC57

 すごいですね~TOMIXのC57。大型の蒸機はうちではほとんど出番がないのですが、走行性能の評判があまりに良いので買ってしまいました。いや~、良く出来ています。精密なディテール、スケールのシルエット等の外見的要素はもちろんですが、スタート時の、動輪の最初の4分の1回転からゆっくり動き出すさまは見ていて気持ちが良いです。私はこう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

低速ギアのこと。Bトレイン動力ギアはめ換え。

 Bトレインの動力は利用価値の高いものですが、もうちょっと低速を安定させたい場合もあると思います。特に小型モーターなどで改造動力を作る場合はギアダウン出来ると何かと便利です。そのための部品として、今まで何度かBトレインの動力台車にはE231の低速ギアがぴったりはまる事を書きました。しかし現在のE231はギアが通常の12:1のもの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more