アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「工具」のブログ記事

みんなの「工具」ブログ


万年筆型ボール盤

2015/07/02 16:18

画像


 昔あった言い回しの「万年筆型〜」。万年筆型カメラ、万年筆型顕微鏡、万年筆型無線機等々…。よくスパイや科学者が使っていましたね。超小型の秘密兵器を胸ポケットに忍ばせる事が出来る、そんな妄想が広がる言葉でした。

 え〜、またしても半年のご無沙汰で申し訳ありません。何だか偽ブランドの広告のような写真で再開いたします。長く更新が途切れると広告も出ようというもの(笑)。懐中ボール盤のモーターを焼いてしまったのをきっかけにすっかり手が止まってしまいました。
 あきれたことに新年度を迎えてやっと、指にけがをしながらモーターの修理を済ませました。工作のカンも鈍り、おまけに視力も一段弱くなった感じです。ちょっと情けない気分で「懐中ボール盤、予備にもう一つあれば」なんて思いながらジャンクパーツをかき回したりしているうちに、脳内に溜まっている妄想の一つを思い出しました。それがこの「懐中ボール盤2号機」たる「万年筆型ボール盤」です。

画像


 ボール盤といっても超小型のものです。金属板なら薄板(0.5o程度まで)に0.3o位までの小穴をあける程度の力しかありません。またルーマ型のシャンク径1.0oのドリルしか使えないのは、懐中ボール盤初号機同様です。

画像


 モーターは何とKATOの7o径のもの。この使い方ではトルクが不安ですが、よく切れるドリル刃なら9V、120mA位で上記の金属板に小穴がスコスコあきます。
 スプリングは後述のドリルプレスのためのもの。ちょうど良いサイズ、強さのものがジャンクの中から出てきたのが制作の大きなきっかけになりました。初号機のものと同じですが、いったい何に使われていたものかわからずじまいです。

画像


 モーターの手配はKATOHOのEF510の動力台車のAssyから。
ジョイントもその台車付属のものを利用しました。
 筐体は真鍮のパイプを中心に、鉛筆補助軸、真鍮のペンのキャップ、ホームセンターのスチロールパイプ。電源端子はIC基板用のよくあるもので初号機と共通仕様。それを留めるプリント基板がデザインに一役買っている感じです。

画像


 電源は内臓出来るとカッコ良かったのですがとても無理。それに本体にスイッチを付けると押したときにどうしてもドリル保持に影響が出ます。なので電源、スイッチをまとめたバッテリーパックをお供に作りました。見かけがちょっとロボ君みたいですね。

画像


画像


 初号機はパワーパック+フットスイッチでしたが、ドリル刃が食い込んだ時の逆転操作がちょっとやりにくかったので、すべて手元で出来るような構造にしました。スイッチは小指の力で押せる位のもの。電池の蓋を押して順回転、ロボ君の目玉を押すと逆回転です。延長コードを作れば足踏みでも操作可能。100円ショップの箸箱やヘアピンケース利用です。
 また上記のように初号機とコネクターは共通なので、一応パワーパックからの給電操作も可能です。

 使用スタイルは2通り。

画像


「万年筆型」というからには、まずは筆記具らしく手持ちでピンバイス代わりのモータードリルとして使える形態。ピンバイスよりしっかり支えられるのが良いです。反面穴のあけ始めの手加減が効きません。電動でスイッチを入れるといきなり回り出しますからドリルの先が滑ったらおしまいです。

画像


画像


 アタッチメントを付けてボール盤。上記スプリングとアタッチメントが一緒になって、ドリルプレスの役割を担います。これで「ボール盤」と呼んで良いのか怪しいのですが、とりあえず呼ばせてください(笑)。
 ワーク(加工する材料)上に置き、押し下げて穴をあけます。写真には置いていませんが、作業時にはカッティングマットなどを敷きます。そうでないと貫通時に机に穴をあけてしまいますから。
 ドリル刃は一杯に押し下げてもアタッチメントから数ミリ飛び出る程度です。そういう意味でも薄板専用です。

画像


 で、写真にいちいち定規が写っているので気になっていた方もいると思います。今回の2号機では「穴の位置を決めるのに定規を使えないか」というのが一つの目標でした。

 定規に当てて使うには、本体を押し下げたときちゃんと毎回同じ位置にドリル刃が降りなくてはなりません。初号機ではこのあたりに弱点がありました。
 素人の雑な考察なので間違っている点があるとは思いますが、一応考え方の流れとして記しておきます。

画像


 初号機では、押し込む力とスプリングが戻す力、それぞれのかかる点が離れているのでモーメント(回転力)が発生するはずです。ドリルプレスにも微妙なガタがあり、ドリル先端の位置がズレがちでした。そこで2号機ではこれをなくすため、どちらも本体の中心軸に揃うような構造を考えました。万年筆型になったのはこのためです。厳密には押し込む時の持ち方と床からの抗力で微妙にズレるように思いますが、初号機よりはだいぶマシだと期待しています。

 とにかくドリルの真上からまっすぐに押し込む、というのが目的です。

画像


 さらに、本体を押し下げるときドリルプレスがガタがなくスライド出来る状態であることが必要です。アタッチメントのパイプ内径、スピンドルケースの外径の寸法は非常に重要です。この辺手持ちのものと買い出しの組み合わせで何とかなりましたが、手持ちのスプリングまで具合よく収まったのは割と奇跡的かも。ジャンクでも捨てずにとっておくと、たまに(ものすご〜くたまに)良いことがあるものですね。

 作例では、以前東急ハンズで買った「真中パイプ」(真鍮ではなく真中との表記)外径8.0o、肉厚0.5oのものに、最近同じく東急ハンズで買った「真鍮パイプ」(こちらは正しく真鍮)外径7.0o、肉厚0.5oを組み合わせました。私の感覚でいうので怪しいですが、ガタは感じません。ボークスで売っている肉厚0.45oのシリーズだと、たとえば8.0o径は内径7.1oとなり、7.0o径のパイプと組み合わせるとスライドは軽いですが、ガタが大きすぎてダメです。

 で、長々御託を並べましたが、まだ出来たばかりで実験が十分ではありません。定規に当てての穴あけは今のところこんなもので…

画像


 右から0.2oの穴を20個ずつ。1o間隔、0.5o間隔その1、同じくその2です。

 これでもある程度対策をした後なのですが、最大で0.1o強のズレが見られます。ピッチが細かいとズレが目立ちます。ストラクチュア工作で、1o間隔位のピッチなら平気で使いますが、0.5mmとなるとまだまだ安定感が足りません。まぁ、実際の筆記具でも定規でこのような点線を揃えて引くのは結構大変です。
 写真に見える白のプラ板は、アタッチメントをワークから少し浮かせるためのものです。ワークにベタ置きだと、溜まったキリコにアタッチメントが乗り上げてグラつき、位置がズレるのでその対策です。0.1oもズレないように、というのはなかなか微妙なものです。このへんの作業は本格的な工具を使うべきで、お気軽に定規で、というのは間違っているのかもしれませんね。

画像


 目盛はアタッチメントにつけた十字の筋を使って読みます。この写真は筋がわかりやすいよう本体を抜いた状態で撮ったものですが、ふと「オプティカルセンターポンチ」のようにならないか?との妄想が湧いてしまいました。しかしそれはとても素人が手を出せる領域ではないですね…。

 一応この先も使いながらアタッチメントの構造を改良していきたいと思います。

画像


 ところで…。

 揃った穴をあけたいなら、ちゃんとしたボール盤にXYテーブルを買えばいいんじゃないの?

 いかにも!

 工作を進め、どんどん作品を完成させたい!というのなら、全くもって「いかにも!」なのです。

 しかし前から私はそういう「完成欲」より「工夫欲」の方が強いのだな、と感じています。普通は工作を進めるために工夫をすると思うのですが、工夫をするために工作をしているんじゃないか、と思う時があります。そして工作にかかるのはまだいい方で、工夫を考えるだけで楽しんでしまう事がずっと多いです。年々それがひどくなります。

 逆に言えば「完成欲」がめっきり弱くなった、ということなのですよね。歳ですね。それでもあこがれの「万年筆型」のボール盤、形だけですがなんとか完成しました。今回は割と形の方が重要なのです。実は子供のころから妄想していました。万年筆型のドリル。ようやく手にすることが出来て結構嬉しく、眺めてはニマニマしています。

記事へ驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 6


ボールドウィンのキットで遊ぶ(その1)

2014/06/01 03:19

画像


 またまたのご無沙汰ですが、ここ2ヶ月ほどトーマモデルワークスのボールドウィンのキットで遊んでおりました。組み立てやすさ、低速性能の評判は相変わらずのキットです。久しぶりに金属工作を、と、私も発売後すぐに購入しました。

 C54を仕上げていた時の流れで、自室の予備の机でも作業できるよう体制を整え、少しずつでも作業を進められるようにしました。狭いながらも工作室はあるのですが、ここは以前ご紹介したように使用していない洗面所利用の部屋。最近どうも窓のない密閉空間が気分的にキツく、工作意欲が湧いても、閉じこもるのがいやでやめてしまう事が多かったのです。

画像


 で、上の写真はほとんどフルセットで拡げた時ですが、準備、片付け共に5分以内で済みます。
 バイスを挟まなくてもそこそこの糸鋸、ヤスリ作業が出来るような台と、糸鋸やリューターをコンパクトに収めるスタンドを追加しました。

画像


 板は小さく切って100均のトレーに。線材は程ほどに切り、小さな筆箱のようなものを作って収めています。私のNゲージの工作ではこの程度で充分です。

画像


 ハンダゴテは普通のもの(30W)も使うのですが、小ささに魅かれてテスター棒くらいの6Wのもの(12V)を使ってみました。熱量は小さいですがそれなりに先端を削れば熱は伝わるようです。30秒もあれば熱くなり、コテ先も小さく、このような工作には結構使いやすいです。しかしこの前ヒーターが断線してしまいました。線の一方がパイプ状の本体にアースされている構造のようですから、無造作にフラックスに漬けるのは良くないかも知れません。

 断線といえば「懐中ボール盤」のモーターも焼いてしまいました。調子に乗ってロストのシリンダーブロックに貫通孔を開けようとして…やはりちょっと無理な作業でした。コレはまた秋葉原でモーターを買ってきて交換します。文具程度の大きさの電動ドリルはこの体制での金属工作には便利です。これからは無理せず使いましょう。

画像


 そんな感じで、4月になってからちょっとづつですが地道に手は動かしていましたので、私としてはこれでも結構早い進行状況なのです。ああ、地道はエライ!

…しかしまあ、まだロッドもつけていないのに何を威張っているのか?と呆れられそうです(笑)。例によって実際工作した時間より、眺めてアレコレ考える時間の方が多かったです。そんなときでも工具を広げた体制での方が、ちょっとバラしたり削ったり出来て進展が早かったと思います。

画像


 で、何をアレコレ考えていたのかと言うと、全体の印象を変えることと、点灯化のことです。

 キットは明治村の保存機がモデルで、どちらかというとかっちりした印象のロコです。私はもうちょっと曲線味が欲しかったのでキャブ、サイドタンクを作り直しました。煙室とボイラーの間のバンドは磨き出しにしたかったので首チョンパして真鍮リングを挟みました。

 あまり実機に詳しくないのに生意気ですが、私にとってボールドウィンといって思い浮かぶのはこんなスタイルです。さらにサイドタンクを少し下げ、腰を低く見せました。見ただけで「こいつ、スローが利きそうだ」という印象にしたかったのです。ここのキットは実際利きますし。

画像


 リベットは大分以前に作った打ち出し機で打ちました。プラやペーパーには何度か使いましたが、本格的に金属工作に使ったのは今回が初めてです。0.2mm洋白板に打ちました。

 KATOのピボット軸を利用した、目盛を合わせて手打ちというお粗末なものですがそれなりに打てます。ダイは1mm真鍮線ですからダレるのも早いと思いますが、作る数も少ないのでこれで良しとしています。

 ゴルフボールで軽く「コン」と打っていますが、いつの間にか針が曲がってきていました。見通しを良くしようと支えの板を切欠いたのがまずかったようです。だましながら使っています。

画像


 え〜、点灯加工についてはまた近いうち書きます。すみません。どうも集中力が続かなくなってきた今日この頃…。バラした部品を並べてときめくとしますか…(笑)。

画像



記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 9


懐中ボール盤

2012/09/24 19:45
画像


 手持ちの材料をゴソゴソいじっているうちにこんなものを作ってしまいました。ボール盤と呼べるほどの性能ではないですが、0.5mm前後の金属板に小径ドリルで穴を開けるのに結構使えます。

画像


 金属工作をする場合、ボール盤があると便利です。しかしいざ部屋に置くとなるとやっぱり大きく、躊躇します。工作内容が、そうしょっちゅう金属を加工するわけでもない、となればなおさらです。滅多に使わないのに工作台の上で場所を取られてはたまりません。

 ・・・しかしここまで小さくなくても(笑)。

画像


 でもまあいいのです。操作性はそんなに悪くはありません。文具を使うような感じです。ドリルプレスの部分に微妙にガタがあるのですが、0.8mmの真鍮板、0.5mmの洋白板に、0.2mmのドリルを使って折れずに使えています。
 掘り込む感触が指先から直に伝わるので微調節しやすいと言えばいいでしょうか。ちょっとビリビリ感じたら押し込みを戻して挿しなおすといった感じです。
 それより0.2mmの穴となると、位置合わせの方が問題です。ドリル先端をケガキ線に合せてから回せるよう、フットスイッチを付けようと思います。でもきっとスイッチの方がでかくなるんでしょうね(笑)。

画像


 フトコロは18mmしかありません。大きなものは90度回して材料の上に乗せて対処できるような構造ではあります。

画像


 最初に言ったように材料は手持ちのあり合わせです。ドリルプレスは全体の支柱が古いハタガネ、ドリル上下のための支柱は折れた針やすりです。針やすりは上下で支えないとグラグラしますから支え金具を作りました。

画像


 こんなことしなくても、もう一個ハタガネを買って下と同じものを付ければ早いです。しかし「懐中ボール盤」という名に似合うデザインにしたくてがんばって自作しました。実はここが一番面倒でした(笑)。しかし私の場合、こういう実用性に関係の無いところが作り上げる気力の元になることが多々あります。

 0.5mm専用でもいいから、かつて伊東屋から出ていた「CHIBI1」のような小型の簡易ボール盤があればいいと思い、ガラクタを組み合わせて実験してドリル本体の目処は立てていました。しかしドリルプレスはどうするかなぁというところで止まったまま。おまけに最近になって「CHIBI1」と同じようなコンセプトの清吉ドリルが出たのを知り、ほとんど買うつもりでいたのです。

 夏になってあまり工作もせず、工具の台をチョコチョコ作った後はたまに工具を並べた工作台を眺めるばかりでした。しかし私は小さな工具が並んでいるのを眺めるだけでも結構楽しいのです。そんな中、ふと手にした古いハタガネから文房具の延長のような雰囲気の小さなボール盤のイメージが浮かんでしまいました。好きなデザインで出来るならその方がいいと、買わずに作ってしまったと言うわけです。

 涼しくなったらまず雨宮のキット、という予定だったのですが・・・しかし雨宮にはバグナルと同じ小さなベルを付ける予定です。ベルを揺らすために小さな穴あけ工程があるから、と先にドリルを・・・バグナルの時にはピンバイスで開けたので全く理由になってませんが(笑)。

画像


 で、肝心のドリル本体はこんな感じです。1mmの軸のルーマ型ドリル使用、ピンバイスのようなチャックではなく押しネジで取り付けです。

 まずはベアリングケースです。12mmのプラパイプにボールベアリングやスペーサーを差し込んでいく構造です。
 タミヤミニ四駆用のボールベアリングを二つ、間にパイプのスペーサーを挟んで差し込みます。軸受けのしっかりした小さなモーターのような形になり、軸のフレを押さえる算段です。

 内径3.0mmのボールベアリングの外径が8.0mm、ちょうど手持ちの真鍮パイプに8mmのものがありましたので、これらのはまるものは無いか?と探していたら、ガラクタの中からプラパイプが出てきました。子供の砂遊び用おもちゃを修理した時の残骸です。10数年前のものです(笑)。何が役に立つか分りませんね。

 一方の軸(スピンドル)は、エコーのパイプを組み合わせ、内径1.0mm、外径3.0mmにし、押しネジを付けます。
 ドリル刃はとりあえずホームセンターで購入の0.5mmのものにやはりエコーの1.0×0.5のパイプをハンダ付けしたもので試しました。

 これらの組み合わせに、秋葉原で買ったジャンクモーターを繋げて回すと10V、300mA前後で真鍮板に穴があきました。最初は鉄コレのサイズのもので試しました。一応穴はあきますがちょっとのことで発熱し、トルクも足りません。使用したジャンクモーターは一回り大きい14mm×12mmの小判型断面で、長さ20mmほどのものです。
 押しネジが1箇所なのでフレが心配でしたが、問題無いと思います。

画像


 モーターにはジョイントを付け、プリント基板等でブラケットを作りベアリングケースにはめ込みです。

 針やすりの支柱用のベアリングはウォームギアの穴を利用しています。ドリル上下用の支柱に廃品の針やすりなんかを使ったのは、手持ちの材料の中ではウォームの穴とヤスリの柄がスライドさせてもガタの少ない組み合わせだったと言う訳です。

 ウォーム周囲は檜の角材をあてがってボール紙を巻きつけ、隙間にはヤスリがけで出た金属粉を詰めてから、瞬間接着剤をたっぷり染み込ませて固めました。かなりお粗末ですが金属板から作るとなるとなかなか大変そうなのででっち上げ工法を取りました。強度としてはプラと変わらないとは思います。

画像


 斯様にズボラとこだわりの織り交ざったシロモノではありますが、なんとか形になりました。ドリル刃はとりあえず金森のルーマ型の0.5と0.2を注文して本格的な試運転開始です。このドリル刃、実験段階で使っていたホームセンターのものとは格段に切れ味が違います。0.4mmの真鍮板に0.5mmの穴あけで比べると、ホームセンターのものは3〜40秒かかりますが金森は5〜6秒!押し込む力も軽くで済みます。0.2mmのだともっと軽いです。ただ細さゆえ慎重に切り込むので作業はゆっくりです。

画像


 写真は0.5mmの洋白板の0.2mmの穴あけをしているところ。ブレたり刃先が暴れたりする感じはありません。エコーのパイプは精度が高いのでしょうね。
 あとやっぱりドリル刃は良いものを使うと相当違う、と言うのを痛感しました。すごい切れ味で嬉しいです。ただ、0.2はドリル交換で抜く時に勢い余って飛ばしてしまい、1本折りました(笑)。単なるマヌケです。

 金森のドリルは10本単位での販売で、最初出費が痛いですが、一本の単価はかなり格安です。アマゾンにもありますが、なぜこんなところで売っているのか?と感じるビバホームのがさらに安かったです。

画像


 これは雨宮のベル用に1.2mmパイプに0.2mmの穴あけの様子。この後パイプを割って整形し、ベルの支柱にします。ベル本体はハトメに線を通して整形し、その後穴あけです。涼しくなってきましたのでどんどん進めたいところです。またちょっと時間がなくなりそうですが、工具眺めてニヤニヤする間があるなら手を動かすべきですね(笑)。

画像



記事へ驚いた ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 2


机上の工具の並べ方

2012/08/26 02:31
 写真を撮るためミニターンテーブルを分解中、工具の台を作ったのを思い出しました。工作中にどうしても工具は散らばってくるものですが、定位置となる台を作っておくと、わりと散らかりにくいようです。もちろんそれなりにスペースが必要ですが、「あれ?ドライバーはどこ行った?」なんてきょろきょろしないで済みます。
 また、たとえば細いヤスリなどは作業台に直に置いてあると、つまみ上げにくいものですが、台に置いて浮かしてやると随分違います。

画像


 今まで気まぐれでスタンドやトレイのようなものをチョコチョコ作って見ましたが、長く使っているものはあまりありません。手癖、作業スペースなどで、個人個人で違ってくると思います。さらに工作内容でも変わってくるだろうから、なかなかうまく収まる決定打のようなものはないのでしょうね。

 それでも、とりあえずの定位置が決まっているだけで片付けやすいし、工具がきちんと並んでいるとなんだかやる気がでる、というのもあります(私の場合コレが結構重要です)。
 またやはり「浮かせて置いておく」と、細い工具もつまみやすく、作業がスムースです。

画像


 機関車がひっくり返しで乗っているのはうちの車両診察台。TMSで亀井良雄さんのレイアウト紹介の記事に出ていて、コレはいいな、と思い作ったものです。このブログの写真にもチョコチョコ写っていることと思います。

 しかしコレ、診察台の役割より、工具置き場となることの方が多いです。もちろんこの大きさなのですぐに一杯にしてしまいますが、工作中はなぜかこの上にどんどん工具を並べてしまいます。

 「とりあえず置いておくところ」という目印になりやすく、ついついそこに置いてしまうのです。そして台の上にあると工具はつかみやすい・・・というわけでこの診察台は工具の流れの「一時ファイル」的な存在になっていました。

画像


 ならば代わりの「一時ファイル」を作ろう、と言うことで出来たのがコレ。「チビロコ動力化」の記事の終わりの方や動画で出ています。リサイクルショップで100円で売っていた枠に、ピンバイスやヤスリを乗せる枕木を貼り付けました。
 しかしまぁ、上記の記事では行儀良くピンバイスが並んでいますが、作業中はそれで済みませんでした。大きい枠があるとついついその上から工具を置いてしまい、下になったものが取りにくくなる、という状況が続きました。

 現在はこの写真のように、スケールやカッターの居場所になっています。トレイ状なので替刃やキャップ等を一緒に放り込んでおけるのが便利です。ちょっとしたジグも入っています。

画像


 前回のラストの写真ですが、右の端でプライヤーやPカッターの下敷きになっています(笑)。写真の時点でピンバイス、細いヤスリには既におニューの台をあてがってやっています。しかしヤスリ立ては遊びごとで作ったようなもので使いにくく、すぐにボツとなりました。

 で、この写真でお判りのように、ニッパー、プライヤーが結構な邪魔になっています。これらは普段はジャムのビンに放り込んで立ててあったのですが、どうも収まりが悪いうえ、一つのビンに2本入れると一杯です。すぐ出しっぱなしになり、こうしてあらゆるところに居座ります。
 また、手元に転がっているピンセットなどが斜めになっています。自然に置くとこうなるのが私のクセなのでしょう。

画像


 まず片付けるのはニッパー関係だな、と思い、買い置きの角材や端材でこんなものを作りました。手前の木材用ドリルはホームセンターで500円くらいで売っています。これで板に開けた穴に同じ径(6mm)の檜棒を差し込んで組み立てです。1時間ほどで大雑把に作ったものですが、わりと出し入れは楽です。

 で、持つとしたらこう。

画像


 持ち方としては全然面白くないですが、つかみやすく、邪魔ならすぐに移動させられる大きさは大事だと思います。
 下の方に無駄な飾りの足のようなものが付いていますが、思いつきの行き当たりばったりで作ったせいです。最初ニッパーの事しか考えず、ラジオペンチも挿そうとしたらつっかえたのでかさ上げした、と言うわけです。

画像


 ヤスリは、細かいヤスリ、荒いヤスリというまとまりで考えるより、作業の流れで続けて使うものをまとめた方がいいと考えました。そのかわり長さがバラバラです。それを逆手に取り、斜めに置くクセと併せて6角形のデザインにしました。雑なつくりのクセに無駄におしゃれです。なんだか弦楽器の趣まであります(笑)。ペーパーかけてニスでも塗ろうかな?

 で、持つとしたらこう。

画像


 やや大きいですが、コレもすぐつかんで移動できるようにしました。サイドのカーブはつかみ所の確保と、手前に置く細いヤスリの見通しを考えての結果ですが、余り意味が無かったかも知れません。まあおしゃれだからいいや(笑)。そのかわり作るのは面倒で、延べで2時間近くかかったような・・・

画像


 こちらは分解用セットの置き場。多分私が一番手にする工具です。この程度なら20分で出来てしまいます。持ち方は省略します。ピンバイスの台も似たようなものです。
 ホームセンターの檜材には三角形やL型のものもあります。備えておくとこういった思い付き工作に便利です。

画像


 全体のセッティングはこんな感じになります。ピンバイスは作業の前後で一呼吸ありますから別にして、ピンセット、ヤスリ、ニッパーは次々出し入れ出来る様に斜め配置です。斜め配置だと利き手(右手)のひじを右端につけたまま工具に手が届き、作業の流れもスムース・・・のはずです。
 はず、と言うのは、実はこれらが出来てからまだ本格的な工作をしていないのです(笑)。しかしこうして並べておけば、工作時間が出来た時、すぐに取り掛かれると思います。

 使い勝手はやがて分るでしょう。どの位「やがて」なのかはまだ不明です(笑)。

 おそまつさまでした!


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


トップへ | みんなの「工具」ブログ

鉄道模型机上の空論 工具のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる