鉄道模型机上の空論

アクセスカウンタ

zoom RSS 寝付けない時の眠り方など

<<   作成日時 : 2014/08/01 00:04   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


 暑中お見舞い申し上げます。

 今年も猛暑がやってまいりました。皆様いかがお過ごしでしょう。私はわりと暑さには強い方だと思うのですが、それも年々弱って来ています。数年前は夏でも平気で工作出来ていたのですが、最近はダメですね〜。画はまだ平気で描けるのですが、この先どうなるか・・・。

 2〜3日前までは、夜が涼しくてよかったですが、また熱帯夜ですね。

 私は寝付きの悪さには自信があります。無駄な事を考えてしまうのがいかんのです。でも寝る前に模型のことなんか考えるのって好きなのです。最近は手動式ターンテーブルのシンプルなロック機構に夢中です。後は実験検証ですが、あれ?またターンテーブルを作ってしまうのか?と手を付ける前から呆れています。

 また、突然ヘンなことを考えたりもします。「脳細胞は何億もあるのに、なんで意識ってひとつなの?」とか(笑)。実は「意識」だの「時間」だのの事を考えるのも好きなのです。しかしこういうことを考えているとなかなか寝付けません。いつの間にか眉間にしわを寄せています。

 実はこの「眉間に力が入る」というのが私にとっては眠りの大敵です。長年の経験からそう思います。眉間、顔面の力を抜くと、比較的寝付きが良い感じです。そういえば子供の頃、「眠る瞬間」を捕まえようとしたことがありましたが、今だに捕らえられていません。

 顔面の力を抜き、何も考えないようにする。そうするとやがて次々と脈絡の無い映像が浮かんで来る・・・。たいていはその日やったことに関係するような映像が多いです。こうなればしめたものです。そのままそーっと、何も考えないように・・・決して「おや、この映像は何だろう」とか、「こうして一日の記憶を整理しているのかな」なんて考えないようにします。眉間にしわが寄ります。

 でも突然お色気画像とか、逆に恐怖映像とか出てくる時があります。びっくりするのでやめて欲しいです。



 しかし意識のことは不思議で仕方がありません。宮沢賢治さんの「春と修羅」の序文に「わたくしといふ現象は仮定された有機交流電燈のひとつの青い照明です」という言葉があります。若いころ読んで、序文しか憶えていない(しかもうろ覚え)のですが、この有機交流電燈という言い方は大変美しく、感銘を受けました。

 イラストでは「わたくしといふ現象は 脳細胞が漂ってゆくところの 有限時間の模型である」なんて事を考えながら描いてみました。うう、なんのこっちゃですね。「時間の模型」は言い過ぎかなぁ、「時間を変数とする写像」か・・・。しかしわざわざ「有限」と考えてしまうところが悲しいぞ(笑)。

 子供の頃は無限だと思ってましたが、夏休みもお盆を過ぎた位の年齢になってまいりました。まだ人生の宿題が山ほど残っているような・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
当方は、いまだ手つかずの宿題にパニックの状態……

夏の夜は「銀河鉄道の夜」のイメージですこし涼しくなるような気がします。

冷たい水でしぼったおしぼりを眼の上に置くのもいいですね。眠り込んだあとにすべりおちてしまうのがしまつのわるいところですが。
skt
2014/08/03 08:43
skt様

 こっそり白状すれば、宿題のことが浮かんできて眠れない、なんてこともあります。そのあたりの雑念との格闘法は自分には無く、書けませんでした。昼間の生き方に答えがあるのはわかっているのですが・・・(汗)。

 おしぼり、試してみます。確かに眼の周囲、りきむ事が多く疲れますね。老眼だからしょうがないのですが(笑)。
バラックモデル
2014/08/03 12:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
寝付けない時の眠り方など 鉄道模型机上の空論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる