鉄道模型机上の空論

アクセスカウンタ

zoom RSS NゲージC54艶出し塗装は甘くない

<<   作成日時 : 2014/03/02 04:50   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

 黒い蒸気機関車をどうやってかっこよく塗るか?と考え出したらきりが無いのです。製作経験豊富な方ならパッと自分好みのイメージが湧くのかもしれませんが、いかんせん私は完成させた車両が少な過ぎます…。ああ…。

画像


 そういうわけで「塗りながら考える」作戦を敢行!なんとかイメージに近い状態までこぎつけました。とりあえずここで一段落させます。

 小さな模型なので、メリハリが付くように、と言うのが基本になります。具体的には以下のように各所で色調を変えるという手段をとりました。結局はありきたりな作戦です。しかし細かいパーツまで取り外し式にしたのは塗り分けに役に立ちました。

画像


 ・部品がはっきり浮き上がって欲しいので、メインのボイラーは艶を出しました。

 ・キャブ側面とデフレクタ、テンダーは半艶です。キャブ屋根は半艶ながら砂吹き(やや離して間欠的に吹き付ける)で、少しザラっとさせました。

 ・ランボードは黒とジャーマングレーを半々にした上で砂吹きです。

画像


 小さな部品も含め、茶色を下塗りした上で吹き付けました。塗料の回りにくい箇所がこげ茶っぽくなり、立体感が出るかな、とのたくらみです。これはメインの部分ではほとんど意味が無かったようですが、小物や従台車、テンダー台枠あたりに効果が見られます。

画像


 しかしまぁ、光線次第でボワッとしてしまい勝ちです。黒だけで変化を付けるのはむつかしいですね〜。

画像


 その点でリベットは大事なアクセントになります。ランボードに植えたのは効果的でした。リベットはプラモデルのランナー引き伸ばし線。穴は0.2mmです。ピンバイスを使い、手回しであけました。

画像


 え〜、ところでアリイのC54のテンダー、裾に変なアールが付いていて、其処にリベットがあります。

画像


 修正のため既に針でマークしていますが、下側のアール部分がそうです。せっかくのリベットが目立たないのはつまらない、何より私はリベットだらけのテンダーが大好きなのです。裾はキメて欲しかった…と、意地になって植えました(笑)。

 今となっては「いじらずそのままにすべきだった」と思います。大変だった割に不細工な結果です。

画像


画像


 そんな訳でプラに0.2mmの穴あけは、あまり怖くなくなりました。小径のドリルについては「懐中ボール盤」の記事でも触れましたが、金森のルーマ型が良いです。根本が太いルーマ型は、ストレート型に比べ格段に扱いは楽な上、折れにくいです。ストレート型はピンバイスに咥えるのも一苦労でした。

 え〜、それでですね、こうして苦労してリベットなんかを植えて、黒一色の中にも色調を変えて、一見うまく行ったように見えるのですが…

画像


 今回のタイトル、艶出し塗装は甘くない、です。作用管あたり、見事にボコボコが目立ちます。これも光線の具合によりますが、半艶やつや消し状態では分らなかったところが、艶を出すといきなりこんなに見えることが…
 あと、雨どいも歪んでいるのが気になります。このくらいは目立たないだろう、と甘い考えで進めて、塗装して眺めているうちにやっぱりここは…と欠点が露見するパターンです。プラ製品の加工は塗装後にキズやらゆがみやらがはっきり出る、というのは分っていたのに…。

 こういう「意識の低さ」はやはり車両を完成させた経験が少ないからでしょう。

画像


 最近の工作はこんな感じで小規模にお店を広げてちまちまやっていました。プラスティック車両の加工は大した工具も要らず、チョコッと工作、って感じで楽しめるのが良いのです。しかし作業は手軽でも、意識は高めに、と言うのが今回の教訓です。仕上げでちょっとズッコケました。

画像


 でもまぁ、これでもいいか、とも思うし、どうしてもいやなら塗り直し、という手もあります。
 分解構造はここの修正、塗り直しでも役に立ちそうです。俺の模型は手直ししながらいつまでも楽しめるのだぁ〜っ!


 …なんとも往生際が悪いなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
素晴らしいC54が完成しましたね!!僕にはこんな綺麗には作る事は出来ません!!
mack
2014/03/18 21:22
mack様

 コメントありがとうございます。仕上がりを褒めていただき嬉しく思います。長期にわたってチマチマ作ってきた結果だと思います。その代わり工作時間がかかってしまいました。だからたくさん作る事が出来ません。私はそれで良いのですが、趣味の時間の使い方によっては、完成品かキットが出るのを待つ方が得策になる場合もありますね。マイナーなC54はその辺つらいですが、KATOあたりからC55かC51でも発売されればキットが出る可能性も…
バラックモデル
2014/03/19 01:16
噂ではワールド工芸さんからC54が発売されるとか・・・?
mack
2014/04/27 01:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
NゲージC54艶出し塗装は甘くない 鉄道模型机上の空論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる