鉄道模型机上の空論

アクセスカウンタ

zoom RSS 新年のご挨拶

<<   作成日時 : 2011/01/05 16:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


画像


 あけましておめでとうございます。

 工作初めはしていないのでネタは無いのですが、今年も年賀状の画でご挨拶いたします。元気の無い中年が相変わらずこんな画を描いてお恥ずかしい限りですが、お正月ということでお許しを。モデラーにとって分解は基本!元気出していきましょう!

 グッと来る分解状態で印象深いのは機芸出版社刊「蒸機を作る」収録の久保田富弘さんのネルソンです。ディテール豊かな上回りもさることながら、私が魅かれたのはやはりテンダーモーター構造の下回りの写真です。
 この当時16番蒸機と言えば棒型モーターを火室内に斜めに入れるものが標準でしたが、まだまだモーターの大きな時代、C56などのボイラーの細いものは収めるスペースに苦心していたわけで、このネルソンも例外ではありませんでした。

 火室内モーターに比べ、動力のメカニズムが下回り全長のかなりの部分を占めていて、視覚的にも構造が直感的に迫ってきます。棒型モーターからカーブでも回転力を伝えるためのユニバーサルジョイント、そしてギアボックスから主動輪、ロッドの連動まで全て目で追うことが出来ます。心臓部のモーターもマグネットや電機子はむき出しで、ブラシに圧をかけるバネの構造までわかるもの。電磁石のコイルを巻いたことがある少年なら自力で電気の流れを読み、回転力の発生を頭の中に浮かべることが出来たはずです。

 当時の私は、動力部分に関しては16番よりNゲージの構造に魅力を感じていました。しかし量産品Nゲージのダイキャストではない、クラフツマンシップたっぷりに真鍮板から組み立てられたフレーム上に展開する、このメカニカルで直感的な動力の構造には魅了され、飽かずに写真を眺めたものです。
 下回り各部の動き、モーターの青白いスパークを、詳細に妄想しながら写真を眺めるのは、まるでヌード写真に見入る思春期の小僧の心理に近かったと思います。ちょうどそういう年代でしたしね(笑)。またこの頃はNゲージの蒸機はC11、C62、D51しかなく、「Nゲージでもテンダーモーターでかっこいい蒸機を作りたい!」と無謀な計画まで展開させていたのです。長いこと「計画」のままでしたが(笑)。

 結局テンダーモーターの蒸機を作ったのは、それから十何年も経ってからです。まだアリイが商品展開する前で、KATOのC50を使い8620をでっち上げました。走るように作るのが精一杯で、フレームはほとんど製品のまま。まったくかっこよくは出来ませんでした。
 走りの方も、モーターが起動回転数の早いキドマイティで、静かにスルスルとはいったのですが、全くのラビットスタート・・・思えば蒸機のスロースタートにこだわりはじめたのはこの頃からでした。これは今でも変わりませんが、小さな動力工作はきつくなる一方です。その点C57、D51と、格段に走りの良い製品が出始めたのはうれしい限りです。干支はラビットですが、スタートはラビットじゃない製品が今年も増えるといいなぁ。

 ところで年賀状の画に兎を入れるのはちょっと悩みました。思春期の小僧の頃に買っていた雑誌と言えば当然「鉄道模型趣味」で、「プレイボーイ」ではありません。買う勇気すらありませんでしたし、そもそも当時は本屋さんが売ってくれませんでした。もちろん見たくてたまらなかったんですが(笑)。

 それでは今年もよろしくお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
どうもです。もぉ〜いくつ寝ると♪クリスマス〜♪って、早いよ(←バカ)。冗談はさておき、改めてまして本年も宜しくお付き合いのほどを。
 さて「モデラーにとって分解は基本!」とのこと、確かに外見より中身に興味深々なウチの様な人間もいる訳でして(笑)。走行特性やメカニズムの追求は生涯の課題?でありましょう。とは云えウチは昨年何一つ完成してないので今年は何か完成させたい所では有ります。ではでは。
RODEO
2011/01/06 19:58
RODEOさま

クリスマス早すぎ(笑)!まだ未消化の餅が腹に・・・
 私も分解よりも組立をした方が良いのですが、途中でやり方を変えたくなったりして、投げ出したままのものが多々・・・まぁ趣味活動ですから作品の完成ばかりが目標じゃないとは思います。TMSでもよく言うじゃないですか。「メカニズムに完成なし!」・・・いや、それはレイアウトか(笑)。
 しかしとりあえず形にして次に進むのがいいんだろうなぁ。お互いがんばりましょうか。
バラックモデル
2011/01/06 22:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
新年のご挨拶 鉄道模型机上の空論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる