鉄道模型机上の空論

アクセスカウンタ

zoom RSS 安上がりのパワーパック

<<   作成日時 : 2009/02/25 17:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 11

 う〜ん、だいぶ間をあけてしまいました。一月末にギックリ腰をやってしまいました。今世紀初のギックリ腰です。フロを洗っている最中に立てなくなりました。実は三十代の時は結構やっていたのですが、妻と一緒にウォーキングを始めてからは、このギックリ腰とは長らくご無沙汰でした。最近サボリ気味だったのでまたやってしまったのでしょうね。運動不足はいけません。模型も運動不足にならないように時々動かしてやらないと・・・ってこじつけみたいですが、事実長く動かしていない車両はやはり調子が悪くなります。

 ってわけで今回はパワーパックについて。調子よくスロー運転できるパックがあれば運転頻度も上がろうというもの。車両の健康維持にいかがでしょう?ウォーキング同様、安上がりにすむ手軽なパックです。・・・ただしキットなのでハンダ付けが必要ですが。

画像


 Bトレインサイズの低速動力・実践編のコメント欄でふれた秋月電子のモーターコントローラーキット(2PK2400)。フィードバック式?の発振回路とコンパレータで低めの周波数でPWMコントロールするものらしいですが、まぁ簡単に言えば鉄コレやBトレの動力にかなりのスローを効かせることの出来る性能のものです。低めのパルスだからちょっとウィーンとうなりますが。

画像


 単三電池四本の6Vだから機動性抜群。とりあえずそのへんで試運転、という時に手近のコンセントを探さなくてもいいのは私のようなズボラには大助かり(笑)。空いてるコンセント探して繋ぐというのがけっこう面倒なんですよね〜。車両と共にショルダーに忍ばせてカラオケボックスでゲリラ運転、なんてこともやりました。

画像


 キット自体は四百円と安く、ボリウムのつまみ、逆転スイッチからショート時の保護用ポリスイッチ、電池まで買っても千円以内。ケースも100均の石鹸箱を加工して使いましたので隅から隅まで安上がり!作例はちょっと無理して詰め込んだので基盤の端をカットしなくてはなりませんでしたが。
 一応スイッチング電源のACアダプターも挿せるようにはしてあります。この辺を含めたらトータル二千円弱。それでも安いですね。

 ちなみに12Vのスイッチング電源でも試してみましたが、発振音が大きくなりボリウム操作の感覚が変わります。電気的には特に支障は無いようでした。ただしこれはキットの仕様とは異なる使い方なので自己責任で。ミニカーブに小型動力なら6Vで充分です。目的がスロー運転ならなおさらでしょう。

画像


 白いケースの小型の方は息子用に作ってやったもの。最初からアダプター専用にしました。キットの基盤も使わずに、空中配線で回路を組んで収めています。隣の鉄コレ用のコントローラーに楽勝で組み込めそうですね。
 鉄コレ用のコントローラーは、鉄コレ動力は滑らかにスロースタートするので専用に使うならおすすめですが、うちのBトレモーターを使った動力では制御しにくいのものがありました。ハンドルを回してスイッチが入ったとたんに結構なスピードになってしまう感じ。抵抗制御のようなので動力と相性があるはずです。
 この辺の事はネットなどの写真でなんとなく判ったので当初は手を出していませんでしたが、秋月のキットを組み込むケースに使えばすごくかっこいいですね。先週秋葉原に行ったとき、割安で売っていたのでつい買ってしまいました。

 そういう訳でこれに組み込むモーターコントロールキットもう一個入手したいのですが、現在品切れ中でした。よく確かめずにコメント欄でおすすめしてしまってごめんなさい。三月上旬に入荷とのことです。

 通販ページのリンクをこちらに。

 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-00908/

 欠点を一つ。電池の電圧が下がってくると発振しにくくなるのでしょうか。少し電力が残っている状態で模型を走らせにくくなるのがちょっともったいない。私は交換した電池はラジオで使い切っています。充電式の電池を使えば良いのでしょうが、いざ走らせようという時に電池切れで充電、というのもじれったいです。こういうものは手軽さが命なので基本乾電池で使用したいですね。手回し式の発電機と組み合わせることが出来れば最強!?

 あと、キットのままだとボリウムの回転方向が逆(右回りでスピードダウン)になってしまうのでご注意を。

画像


 安上がりつながりでついでにこちらも。いや、あまり安くないかな?部品代はトータル三千円以内ですが、あれこれ試したりして部品を買い足しに出かけると、いつの間にか出費がかさんでいる場合もありますね。まぁ少なくとも見かけは安っぽい!ケースはやはり100均の石鹸箱加工です。秋月のもそうですが発熱の少ない回路だったらこういうケースでも大丈夫と思います。スイッチング電源も内蔵しました。

 最初に作った緑の方は、その色合いから息子に「ザク」と呼ばれたので二番目の水色の方は「俺専用ザク」です。通常の三倍の「遅さ」を出せる位の性能を目指し(!?)、回路をちょっと工夫したもの。

 実は鉄コレが出てくるまでは我が家のパックはKatoのスタンダードに高周波電源を繋いで使っていました。常点灯やDCCが出てくる前の、停車中でもライトの点く装置として製品や製作法などがありました。夜中にライトを点けて運転するのが大好きなので私も作ったのです。
 参考にしたのはすでに絶版ですが日本放送出版協会から出ていた長真弓氏の「鉄道模型のエレクトロニクス工作」という本。同年代ならご存知の方も多いと思います。

 この装置、長らく我が家の夜間運転に役立ってきましたが、新たに現れた鉄コレ、Bトレの動力車と相性が悪く、モーターの焼損事故が相次いだので新たに常点灯出来るパワーパックが欲しくなりました。

画像


 そういう訳でTOMIXの常点灯コントローラーN1000CLを買うかな、とチラッと思ったのですが、ドケチなら無いものは自作が基本です。ネットを調べて回路図を見つけて作りました。

 基本の回路図はこちらのホームページの「ベンチテスト用モータースピコン」の回路です。

 この回路のR1,R2を2kΩに変えると20kHz位のPWM制御となり、TOMIXの常点灯コントローラーN1000CLと性能的に同じになるというのがわかりましたので、それを基に逆転スイッチやショート保護用のポリスイッチを付けてまとめました。

 ところで「ザク」の方は上記のようにストレートに組んだもの。停車中からライトが点きます。ただスロー性能はKatoのスタンダードと変わらずです(普通のパワーパックとしては充分な性能です)。
 私はパルス制御と聞くと何でも低速が効くような印象がありましたが、実はパルスは周波数によって効果が違うそうです。簡単に言えばモーターの回りださないうちからライトが点くようにするには20khz位の高い周波数が良く、モーターを低速で回すには200Hz程度の低めの周波数が良いということです。だからこれらを2つ混ぜてスローも点灯もと欲張ってみたのが「俺専用ザク」です。ちなみにKatoのKC-1はこのタイプらしいです。2種類のパルスを混ぜる回路はなんとか我流で作ってみました。

 結果は確かに「ザク」より格段にスローが効きました。周波数の低いパルスが入ってますから「ウヮ〜ン」とうなりが出ますが、旧式の電車や電気機関車などにはむしろお似合いです。

画像


 大成功のように見えますが「俺専用ザク」は時々かんしゃくを起こし不調になります。長時間走らせているといきなりパルスの周期が通常の数百倍?つまり最高速で暴走しては数秒止まり、また最高速で暴走・・・を繰り返す、まるでギャグのような走りになります。手動パルスをやった方がまだましです。突然暴走を始めるので心臓にも悪いです。電気を切ってしばらく放っておくと直るのですが・・・やはり我流の設計はいけませんね。そういう訳でこちらの回路図はまだ内緒にしときます。我流過ぎて恥ずかしいというのもあります。

 安上がりを狙って無いものは自作なんてやってると、こういう失敗がけっこうありますね(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
いや、どうもです。ぎっくり腰とはまた大変でしたね。ウチも一作年椎間板ヘルニアを煩いまして一週間ばかりのたうち回りました(汗)。
 ま、そんなことはどうでもいいですが今回のPWMパワーパック参考に
なりました。話には聞いたことはありますが結構安価につくれるんですね。ウチも一つ購入してみようと思います。そういえば「東京マルイのProZ」のコントローラも常点灯回路付きでしたね。なんでもライトのボリュームを上げると走り出してしまうとか(笑)。
 関係ないですけど「ザク」ときいて久しぶりに作ってみたくなりました(ファースト世代なもんでして・・・)。
 
RODEO
2009/02/26 22:02
 RODEOさま毎度です。私もファースト世代と言える年齢ではありますが実は子供のほうが詳しいのです(笑)。ザクは4〜5匹います。
 ProZのコントローラーは興味深々なのですが、新たに購入する予算が・・・常点灯は子供の頃からの夢でしたのでZゲージに最初から内蔵なんて時代を感じます。さらにDCCなら常点灯どころかサウンドやらギミックやら出来るのですが小型車にはまだキツそうですね。予算的にはもっとキツいです(笑)。
バラックモデル
2009/02/27 19:05
毎度どうもっ

ダイソーアイテム大活用ですね☆
わたしもBトレインのメールマガジンを配信してい
ますが、「鉄道模型に利用できる100円ショップ
アイテム」の特集ばっかりやってます(笑)

>>両と共にショルダーに忍ばせてカラオケボックス
>>でゲリラ運転

いいですねー
わたしもアタッシェケースに仕込んだ自作ミニレイアウトを持っています。
ぜひ一緒に運転OFF会しませんか?

高田潜水艦
2009/03/30 23:48
 お誘いありがとうございます。運転OFF会となると持っていける車両も少ないのですが、それでもよろしければぜひ一度お会いいたしましょう。実はこういうのは初めてでちょっとドキドキしてます(笑)。こちらの連絡先などメールいたします。
 100円ショップは何かと便利ですね。なんだか模型屋よりこっちのほうをうろつくことが多いです(笑)。
バラックモデル
2009/03/31 21:19
>>よろしければぜひ一度お会いいたしましょう。
>>実はこういうのは初めてでちょっとドキドキ〜

わたしはOFF会大好きですが、鉄道模型仲間が
極端に少ないので、お友達ができて嬉しいです!

よろしければ以下までメールを下さい。
詳細調整とりますので・・・
お手数ですがよろしくお願いします。

PS.どこかの週末に秋月電子訪問〜カラオケBOX
 で運展会・・・なんてのでもいいかも(笑)



高田潜水艦
2009/04/02 20:45
すみません、アドレス書き忘れました、、

⇒ w@t7.yakan.net

上記です。

よろしくお願いいたします☆★

高田潜水艦
2009/04/02 20:46
了解です。メール送りました。
バラックモデル
2009/04/02 22:41
はじめて、コメントさせていただきます。HOナローゲージ大好きな中年モデラーです。安上がりのパワーパックの記事を興味深く拝見しました。小型のジオラマにパワーパックを組み込みたいと考えているのですが、電気の知識が無く手をこまねいていました。この2PK2400を早速購入してみたのですが、逆転スイッチとショート時の保護用ポリスイッチというのは、どのような製品を使い、どのように接続したら良いのかがわかりません。初めてのコメントで不躾だとは思うのですが、よろしければ作製方法を教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。
コッぺル
2009/09/15 11:22
コッペルさま。

 はじめまして。コメントありがとうございます。本日補足記事をアップしますので、そちらを参照してください。これからもよろしくお願いします。
バラックモデル
2009/09/18 19:04
PICマイコンを使ったPMW式パワーパックの回路図、ソースおよびマイコンに書き込むデータを以下に公開しました。参考にしてみてください。

http://firestorage.jp/download/0a39a27d19c742ae81622498d9569498f88a104a

出力はダイヤル位置に応じて30段、PMW周波数も5段階に変化します。
ファイル名:PowerPack2.lzh
炬燵熊猫
2010/12/03 10:28
炬燵熊猫さま

非常にお返事が遅くなり、申し訳ありません。
PICマイコンについては全く不勉強なので手に負えませんでした。せっかくなのにすみません。しかしPWM周波数をいろいろ試せるのは魅力ですね。今後も勉強させてもらいます。
バラックモデル
2011/02/01 16:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
安上がりのパワーパック 鉄道模型机上の空論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる