鉄道模型机上の空論

アクセスカウンタ

zoom RSS お金が無い時の紙工作

<<   作成日時 : 2009/01/18 15:30   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


 このところなんとなく車両を並べて眺めるだけ、という日々が続いています。まぁそれも鉄道模型の愉しみの一つではありますね。固定式レイアウトで、いつ電源を入れても調子よく走らせることが出来る環境なら良いのですが、なかなかそうはいきません。Nゲージで小型車や蒸機が好きとなると、レールのクリーニングや車両のメンテナンスがグッと負担になる時があります。

画像


 数年前まで、親子五人で3DKのマンション住まいでした。じわじわと子供達は大きくなりとにかく狭い!しかも自宅での仕事で、資料やら送られて来る雑誌は溜まる一方でそれはもう大変な状況です。長男一人の時に作ったデスクトップサイズの運転盤を確保し続けるのも困難になっていきました。最終的には収納はなんとトイレに立て掛け!そして運転時は食卓に置き(うわぁぁ汚い!)、ストラクチュア等はその都度並べるというやり方で楽しんでいました。 トイレット収納は、湿気がやや心配でしたが水周りから離しておけばさほど影響はないようですので、気分的なものを除けば結構有効ではないでしょうか!?本格シーナリー付きとなると保護用のケースなどが必要でしょうけど。

画像


 そんな状況のレイアウト(運転盤)、そしてたまに市販の組線路でフロアー運転。やはりどちらもその都度レールをクリーニングしてやらなければ、なかなかスムースには走り出しません。しかも蒸機はどうしてもギクシャクし勝ち。小型レイアウトはスロー走行が基本!というポリシーの基では走行の不調はさらに打撃を与えます。
 走行改善のためいろいろ挑戦もしましたが、やはり疲れる時は疲れます。息抜きに走行を無視できる車両展示用のジオラマを作ったこともありますが、ズボラな扱いやら子供に触らせるやらに耐えきれず破損して廃棄。展示棚でもあれば保存も効いたのでしょうけど、住宅事情&貧乏ゆえ無理。

・・・って訳でその頃に開き直って厚紙やイラストボードでいたずらに作ってみたのがコレ。

画像


画像


 バカバカしい位に簡単なものですみません(笑)。小穴をあけて津川の照明灯を挿したら高さ方向にも空間が生まれて結構いい感じ(?)。狭いところでもちょっと車両を出して眺めるときに便利です。なによりお金がかからない!

画像


 まず壊れないし、本棚に挟んで収納可能!レールの溝はある程度カッターで切り込んでから張り合わせ、その後もう一度深く切ってはがします。ターンテーブルのピットはサークルカッター使用であけました。中心に爪楊枝を刺してあり、ちゃんと手動で回転します。子供用に調子の悪い機関車のモーターを抜き、手押しで遊ばせたら大喜びでした。

画像


 エスカレートして扇形庫を想定したものを作りましたがこれはやりすぎ(笑)。実はトップの写真の全景です。ご丁寧にもターンテーブルはゴムベルトで手前のパッドから回転させることが出来ます。プーリーも厚紙で、強度を出すため瞬間接着剤を染み込ませて固めてますね。

画像


 ここまでやるならちゃんと線路を敷いたものを作るべきですが、当時は本当に線路を買うのも躊躇するほどお金が無かったのです。この頃はまた機関車の走行調整もうまくいかず、いっそ電動模型としての機能は捨て、すべて手押しにしてしまおうか?と半ばやけくそな考えがわいてきた時期でもありました。そのくせ線路の位置に帯金を貼って通電すれば走行も可能だろうと、一応ターンテーブル上に通電できるように小細工しようとしてあるのだからもうワケがわかりません!

 要はお金を使わずに手持ちの材料だけでなにか工作出来るものがあれば良かったのです。それでも手持ちの材料の調達にさえ苦労してます。スチレンボードになにやら建物の配置が下書きされているのが物悲しいです・・・

画像


 同時期に紙工作でクレーンも作りました。こちらはもう少し前向きな工作ですね(笑)。相当おもちゃっぽい造りですがこれは最初から子供へのウケ狙いを意識して作っています。機械室の屋根から出たレバーを動かして磁石で荷物を吊り上げる仕組み。荷物側にはホッチキスの針等磁石に付くものを仕込んでおきます。しかし放すときはどうしても手が必要で、ちょっと扱いがデリケートになってしまい、結局子供に触らせることは少なかったのです(笑)。

画像


 この辺のものは十年近く経った今でも使え(ゴムベルト駆動はゴムが伸びて使えませんが)、こうして時々車両を並べてなごんだりするのに役立っています。

画像


 それにしてもここ数年でグッと老化したのでしょうか?どうも気力が続かないのが困ります。ターンテーブルと扇形庫のセクションはリベンジを狙って途中まで進行したのですが止まってますね〜(笑)。あの頃の気力はどこへ!?40代も後半、男の更年期かなぁ〜?まぁお金が無い時は紙工作で、気力が無い時はぼんやり眺めてと、鉄道模型はいろんな楽しみ方の出来る強い味方ではあります。しかしこのところ無気力過ぎてないか?という不安もあったりして(笑)。

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お金が無い時の紙工作 鉄道模型机上の空論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる