鉄道模型机上の空論

アクセスカウンタ

zoom RSS ロッド連動のCタンク

<<   作成日時 : 2008/12/15 01:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


 Pecoから出ている(今もあるのかな?)ホワイトメタル製のボディーキットがあります。Nゲージのタンク機関車の下回りを利用するもので、ナローファンにはあまりにも有名な製品です。
 私が入門したての頃のTMSに、このキットの組み立て記事がありました。その作例の一つが非常に気に入り、今でも時々雑誌を引っ張り出してきては写真を眺めています。イラストではちょっとバランスや取付け部品が変わってしまいましたが(デッサン力が無いともいう!?)まぁこんな感じの機関車です。外国製高級品を利用したスポークの抜けた引き締まった下回りに、シンプルで頑丈そうなボディーが載せられた様がとてもいい感じ。細密ではないけど「部品が部品らしく存在している」魅力がありました。

 Nゲージでもそんな感じの機関車が欲しいな〜と思っていたのですが、ついに一年ほど前、ピンバイス片手に無謀にも動輪から着手しました。材料はKatoポケットライン動力用のΦ6.5の車輪。以前B6の従輪にスポークを抜いてみたら、意外にそれらしいものが出来たのでなんとかなるだろうとタカをくくってのスタートでした。

画像


 ギア連動でロッドは飾りで、というつもりではいたのですが、あわよくばロッド連動の夢を!という気もあったので、クランク部は一応ジグを使って寸法と垂直を決めました。クランク穴はエコーの1.2×0.8パイプを差し込んで1mmネジを切ります。パイプは最初長いまま車輪と共にジグに嵌め、垂直が決まっているか良く見てからハンダ付け・・・と、まぁ段取り的にはこれでよいのでしょうが、ボール盤も持っていない私の工作ではジグからしてゆがむ始末(笑)。まぁギア連動だからこの位いいやとズボラな気分で組んでいきました。

・・・しかしいざフレームに組み付けてみると、ロッドだけでも意外と回る!

 興奮しましたね〜。もちろん手で回すとやや引っ掛かりがありましたが、こうなると俄然ロッド連動で!という気になってきます。実はこの段階で、各所に0.1mmほどの寸法のズレがあったのですが、それでもロッドは回る!いろいろいじっているうちに、一番引っかかりのある第一動輪のピンの代わりに0.8の真鍮線を挿してみるとかなり良いことが判りました。

画像


 ダメもとで第一動輪のネジ穴を1mmドリルでさらい、ロッド側に0.8mmのピンを固定。ちょうどクロスヘッド裏なのでネジ頭よりクリアランスが取れて有利だな〜と、いい気になって工作を続け、試運転にこぎつけました。ちょっとひょこひょこしましたがそれなりに走りました。でも実はこの段階でも何箇所かに寸法のズレがあったのです・・・それでもロッドは回る!!

画像


 その後いろいろ調整したり作り直しをしたりの続きがあるのですがしつこいのでまた次回に。ともあれ現在は下の動画程度には動くようになりました。それでもまだ微妙にロッドピンが傾いてるかな〜?というところもあります。



 なんとなく結論めいたものをいうと、各部のガタが適当なら、ルーペでのぞいて変じゃなければロッドはきれいに回るような気がします。ただちゃんとした方向からのぞかないとズレて見えて間違えることがあります・・・って、なんだか漠然とした言い方ですね。すみません。

画像


 昔のTMSで動輪にスポークを抜くところから始める工作を見ては、一度はやってみたいな〜と思っていました。「しかしです。しかしスポークを抜くのには本当にまいりました」とか「消耗だなぁ」などとこれも昔のTMSの文面を口にしながら工作を愉しみました。
 部品の無い時代に一から自作した偉大な先輩方の真似をはじめて、ギアとモーターさえあれば完成させられるような気になりかかってます。が、私には足りないものが・・・やはり気力に大きな差が!(笑)

画像


 ここで止まったまま放置中です。ああ、作り始めてもう一年が経つのか・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
毎度どうも。いやはや完全に脱帽です。16番ならともかくNで動輪のスポークを抜かれるとは! 知識としてはありましたがいざとなると・・・。動画も拝見しましたがやはりロッドの動きが良いですね(これぞ鉄道模型の王道)。また動輪もさることながらロッドやクロスヘッドもシャープに仕上げられていて見習いたいです。いや、ウチも蒸気作りたいですがロッド周りが面倒なのでDLならメインロッドだけ作ればいいかなぁ〜と(笑)。
RODEO
2008/12/15 19:52
 毎度ありがとうございます。8620クラスのスポークだと大変だと思いますが、このサイズだと抜くというよりは穴を開けて整形、という感じです。ボール盤持ってないので穴あけが一番面倒でした。穴さえ開けば折れた糸鋸歯をピンバイスにくわえてシコシコやってやると結構すぐに形になりますので楽しい(!?)ですョ(笑)。
 しかしクロスヘッドあたりは老眼にはきつかったですね〜。チビロコの下回りみたいなのをBトレ用かなんかに分売してくれないかな〜。
バラックモデル
2008/12/16 22:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロッド連動のCタンク 鉄道模型机上の空論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる