鉄道模型机上の空論

アクセスカウンタ

zoom RSS Bトレインサイズの低速動力・実践編

<<   作成日時 : 2008/11/23 03:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

 最近ちいさな部品をよく落とします。寒くなると指先が乾燥するのかな?それにしてもNゲージの部品は落っことすと難儀しますね〜。探すのに力使い果たして工作を投げ出す事も(笑)。そんなわけで微々たる進展ですが、以前出したBトレインの動力ユニットに低速ギア仕様のDD51台車を嵌めてみる、というのを実践してみました。

画像


 DD51の車輪は見掛けの良い薄型ローフランジだったのですが、集電性能優先でゴムタイヤをはずしたいので通常の5.6ミリ車輪に交換しました。その他加工箇所はこんな感じです。

画像


 付随台車は結局DD51のものをカットして使いました。ギア類はストックしておいてまた何かの妄想のタネに(笑)。(いや、既にいくつかたくらみはあるのですがこれらはいずれまた) で、ボルスター周りはBトレにあわせたものをプラ板で作り台車にはめ込み。台車枠や首振り調整の加工の便宜のため、まだ固定はしてません。接着してしまうと車輪の付けはずし時にパキンと取れそうだし、メンテナンスも考えるとネジ止めなどで取り外し可能が望ましいんでしょうね。作例はちょっといい加減。
 経験上、片台車駆動の付随台車の首振りのスムーズさは、特に急カーブ上での牽引力に大きくかかわると思っているので、重量バランスを見ながら最後まで調整です。

 台車集電板は、車体側の接点に届かないので突起部に糸鋸でスリットを入れ、0.5ミリの洋白線をハンダ付けで延長。細いので通電は大丈夫かな?と思いましたが試運転の結果支障は無いようです。材質は燐青銅の方がいいのかな?ハンダ付けの跡をきれいに削って一度台車全体を組み上げ、微妙な車輪の上下動があるかチェックします。引っ掛かりがあると車輪が線路に追従せず具合が悪いです。
 このあたりに関連するのか判りませんが、私の作例では動力台車側がハンダの跡をきれいにしたつもりでも車輪が固く、そのうえ床板に嵌めてみると首振りまで固く引っかかるようになっていました。
 結局連動ギアボックス横にポチッと出ている、集電板を裏から支える出っ張りを少し削り、ガタを増やしてやると解決しました。まぁズボラ工作なのでどこがどうなっていたのかはわかりませんが、ローフランジ車輪を通常の車輪に換えたのが影響したのでしょうか?

 その他は以前の記述の通りです。ウォーム軸を1.5ミリほど叩き込み、ジョイントはそのままでは根元が台車に引っかかるのですこし詰めました。床板はジョイントが通るように穴あけと、台車があたる部分を削ります。

画像


 床上は基本Bトレユニットの仕様のまま組み付けましたが、通電板はやや下向きに曲げてセットしました(左上写真。手前にある二本のうち下の状態)。
 プリント基板はジョイントを通す穴を塞いでしまうので、干渉部分をカットした方が良いとは思います。ただこの部品は引っ掛ける部分が欠けやすくメンテナンスには不便なので、別のモーターをつける気になった暁にはその取付け板と共に新たにつくりなおした方が良さそう。
 モーター押さえを兼ねた全体にかかるプラの白いカバーには小さなウェイトが付いてますが、これは動力台車上部に当たるのではずしました。またこの部品の中ほどの四箇所に丸棒状の突起が出ていますが、本来はこれが通電板を押さえ込む役目をしていますので、小型化の改造などでここを取り去ると通電板が台車集電板に接しなくなり走りません。作例は前述のように通電板をやや下向きに曲げてあるので無くても大丈夫です。

・・・ってわけで走らせて見ました。ウエイト無しだとポイントで挙動不審だったので少し積んでの撮影です。



 渡り線でもそんなにストレス無く通過するので扱いやすくなったと思います。ただスタートは低速ながらもちょっと飛び出す感じが残ってますね。裸でモーターを回すと、やはり回りだしがいきなりですのでこの辺が限界なのかな?まぁ気軽に遊ぶ分には十分の性能だと思います。Bトレ動力はものによっては良いスタートをするものもあるので探せば当たりがあるのでしょうが、モーター単体で比較的ゆっくり回りだすものも見つけました。

画像


 手前のが秋葉原のジャンク屋で買ったもの。1個200円、5〜6V仕様と書いてありました。径はBトレと同じですがちょっと長いです。回り始めも良く、Bトレのものよりは力がありそう?まぁ試してみないと判りませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
 いやどうもです。動画拝見しましたが、効いてますねぇ低速!。このくらい安定してポイント渡れれは言うことなしです。後はモーターですがジャンク品とかで小型のものが手にははいるのですが中々特性の好ましいものがありません。新品ならちょっと高いんですがアルモーターがお薦めなんですけど。
 それと某サイトに発注しておいた「ギア」来ました。各サイズのギア買ったのですが、ウチで使うのは0.2まででしょうウォームもありますし。コアレスモーターもあるので組み合わせて使えるかな?

 
RODEO
2008/11/24 19:21
 RODEOさまいらっしゃいませ。そうか、アルモーターに同サイズがありましたね。忘れてました(笑)。スタートは低めのパルスのパックならいい感じなんですが、やはり一般的なものでどれだけ効果があるかがカギですね。N1000CL相当の自作品でやってますがアルモーター手に入ったら試してみます。
 ギアで何が出来るか楽しみです。私はなんとまだ発注リストが決まってません。早くしなきゃ歳越しになってしまう・・・!!
バラックモデル
2008/11/25 17:47
はじめまして☆
「Bトレインクラブ」というメールマガジン
を発行している高田潜水艦と申します。

わたしもBトレインではNゲージのパワーパック
の出力が大きすぎ低速が出にくいことを
悩んでいました。
某所で低出力制御のできるマイクロコントローラー
も購入しましたが、こちらのモーターと台車ごと
改造してしまうというテクニックもあるんですね。

ちょっとレベルが高いですが(笑)
もう少し腕を磨いてからやってみます。
参考になりました。
貴重な情報ありがとうございました♪


高田潜水艦
2009/01/28 18:35
 高田潜水艦さま。はじめまして。コメントありがとうございます。
 ややこしい作例を参考にしていただき恐縮です。もっとスマートに出来ると良いのですがどうも物事をこねくりまわす性格でして(笑)。かつては低速ギア仕様で、KatoE231等の動力台車等、Bトレイン動力のギアと交換できる寸法のものがありました。パーツは一度作っているのだからそのギアを利用して「Bトレイン用動力・低速ギア仕様」なんてスローの効くものを出してくれると手っ取り早いですね!要望が集まれば製品化してくれるかな〜!?
 一方コントローラー側としては、うちにあるのでは秋月電子のDCモーターコントロールキット(2PK2400)がなかなかのスローが効きます。ハンダごてでの組立工作が必要というのとやや発振音が出るのがネックですが、Bトレ動力の手軽な運転には便利だと思います。電池式で6V、400円と安いです。
バラックモデル
2009/01/30 03:16
>
>>「Bトレイン用動力・低速ギア仕様」

そうですね〜☆★
ぜひ署名を集めて上申しましょう!(半分まじめ)
バンダイさんが無理でも、銀河モデルか
“キャラメルのあそこらへん”で作ってくれない
でしょうかね(笑)

>>秋月電子のDCモーターコントロールキット

よっ、400円は安いですねっ
普通の半田付けくらいならなんとかできるので
これはいいですね!
秋葉原はちょくちょく行くので、今度必ず
Getしてきますっ
ポータブルレイアウト(スーツケースの中に
Bトレイン専用レイアウトを仕込んだもの)
をイベントで持ち歩いていますので、
電池式のコントローラーは重宝しそうです。
貴重な情報ありがとうございました。


高田潜水艦
2009/02/05 21:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
Bトレインサイズの低速動力・実践編 鉄道模型机上の空論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる